駅すぱあと無料・乗り換え案内

駅すぱあとには無料版と有料版がありますが、全国のJR、私鉄、地下鉄、路面電車全線の時刻表や、路線案内・路線経路を検索できます。駅すぱあとの便利な機能や使い方、無料版と有料版との比較などの情報を提供しています。

駅スパート 乗換案内検索の便利機能

駅スパートには乗換案内検索などで便利な機能がたくさんあります。例えば、目的地が複数入力できるので、そこに駅名をいくつか入れると出発地から入力した順に目的地を経由し、一番下の目的地に着く乗換案内結果が出る機能もあります。経由地が決まっている場合にとても便利ですよね。私はよく利用します。


また、ツールバーにある「入力経路履歴の表示」ボタンをクリックすると、以前乗換案内を検索した履歴がズラッと出てくるので、同じ路線を調べるのであればこの機能が便利です。


また、指定した駅から距離やかかる時間を指定して、その範囲に含まれる駅を全て表示する機能も駅すぱあとにはあります。


その他には、乗換案内以外にも指定した駅周辺の地図やお店などを調べることができたり、ランドマーク登録をして、会社や自宅から目的地までの経路を調べる機能もあります。


駅すぱあとの乗換案内検索の結果をメールで送ることもできます。探索結果を選んだら、ツールバーにある「メール送信」ボタンをクリックするとメールソフトが起動し、送りたい先に検索結果の内容が文字情報となって送信されます。


簡単な乗換案内ばかり使いがちですが、時間のある時にじっくりと駅すぱあとを使いこなしてみてください。もっと便利な使い方を発見できるかもしれませんよ。

駅すぱあとモバイル版の路線検索メニュー

駅すぱあとは、通常はパソコンおよびインターネット版の使用ですが、モバイル版の駅すぱあともあってとても便利です。インターネット上でできることは携帯でもほとんどできるようになっていますので、駅すぱあとモバイル版の利用者が増えています。


基本的なメニューとしては、ダイヤ探索、経路探索、最寄駅から出発、終電探索、時刻表検索、定期券探索、出口・施設案内、地図検索、検索結果のメール送信機能、鉄道待受画像、耳よりばなし、12星座占い、個人ページ(よく使う駅・空港の登録など)、スカイマークエアラインズ サイトへのリンク(空席照会・座席予約が可能)などです。実にいろいろな検索ができるんですね!これは便利です。


ダイヤ探索、経路探索、終電探索、時刻表検索などはとても便利です。家での検索はインターネットからで、旅行先、出張先など、外出先からの剣先はモバイル版の駅すぱあとがとても便利ですね。


日本人は、ヤフー路線情報のように簡単に無料で検索できるシステムがあるのにもかかわらず、お金を払ってまで、時刻表や乗り継ぎ、料金などなどを調べるのですから本当に几帳面な国民性なのだと思います。それにしても駅すぱあとはかなり便利です。ビジネスマンにとっては手放せないものになっているのではないでしょうか。


ちなみに、駅すぱあとモバイルですが、ヤフーケータイのほか、iモード、EZweb、ウィルコム、Lモードにも対応しています。ぜひ、利用してみてください!

駅スパートモバイル版 docomo&au

駅すぱあとは、ヴァル研究所が開発・販売しているソフトで人気があります。


全国のJRや私鉄の鉄道路線を中心に、目的地までの最短経路から運賃、乗換駅、乗り換え時間などを検索することができるうえ、駅名の入力だけで簡単に検索でき、乗換駅を指定して経路選択を行うこともできる優秀なソフトです。


駅すぱあとは鉄道や航空、あらゆる路線バスにも対応していますので、鉄道を使った場合やバスを使った場合など、最短経路や運賃や乗換駅、また乗換駅までも教えてくれます。


駅スパートは運賃に関しての機能も充実していて、最適2分割購入法や定期区間外の運賃計算、飛行機の場合は特定割引も考慮されるなど、大変高機能で便利なソフトです。また、アドレスナビという住所から最寄り駅を検索できる機能も便利です。駅すぱあとは道路情報やダイヤ改正など非常に変動しやすいジャンルの情報を扱うソフトだけあって、アップデートは偶数月、つまり2ヶ月ごと、年間6回更新されています。非常に便利なソフトなので、駅スパートが携帯やパソコンにプリインストールされていることもあります。


モバイル版駅スパートは、docomo、au、SoftBankでサービスを利用できます。いつでもどこでも経路探索ができるというのは、やはり便利です。駅すぱあとは携帯のコンテンツとしてピッタリのサービスですね。


駅すぱあとモバイル版はPC版駅すぱあとの機能と遜色なく、ダイヤ検索や経路探索、最寄り駅から出発、終電検索や定期券検索、出口と施設案内などまで案内してくれます。「こんな経路があったのか!」なんて新しい発見もできてとてもためになります。駅すぱあとは、他の地図ソフトやネットとの連携もできます。


特に駅すぱあとオンラインサービスは、例えば目的地の駅周辺の地図はもちろん、宿泊予約や天気予報、航空会社の座席予約、バス亭時刻表も駅スパートで確認できるので、とても便利です。オンラインサービスなら、月額315円で利用できますのでご一考下さい。

駅すぱあとオンライン 路線バスの定期代や距離

駅すぱあとオンラインがあれば正確な業務が約束されます。


何のこと?って思うかも知れませんが、ビジネスマンの定期代を調べる業務です。これって、経理の人にとっては意外と手間ですよね。間違いはないか、企業の中でお金の事に関しては間違いがあっては許されないから、とても慎重に調べます。


特に年度末や新入社員の入る時期などは様々な仕事でおおわらわになるのが経理ですよね。定期代の申請も業務のひとつだと思われます。


申請書に書いてある経路から定期代を算出するのが仕事ですが、面倒なのはバスの利用がある場合です。申請されたバス会社のホームページを見たり、電話で問い合わせたりと結構面倒なんですよね。私も経理だったので大変さがよくわかります。


社内規定でバスの利用距離を制限しているので、これまでは地図を頼りに申請者全員分の距離をはかっていたりしていました。


そこで、便利なソフトがあると知人に聞いて「駅すぱあとオンライン」を、ダウンロードしてみました。


早速使ってみたところ、鉄道のほか首都圏・京阪神を中心とした主要な路線バスの定期代、さらに距離までわかるのでとても便利でした。


「駅すぱあとオンライン」のおかげで正確に業務をこなせそうですね!皆さんも、使ってみませんか。

駅すぱあと 乗換案内検索の使い方

駅すぱあとには便利な乗換案内検索機能がこれでもかというぐらいたくさんついていますが、逆に機能が多過ぎて、たぶん使わないだろうなという検索結果まで出てくることがたまにあります。


無料で乗れる快速や特急であれば良いのですが、有料特急などが走っている路線だとそういった特急に乗っていく乗換案内までが表示されたりします。中には、到着地を特急で通過して、先の駅から普通電車で戻ってくるような乗換案内も出たりします。


この場合だと確かに一番早かったりもしますが、普段のビジネスやお買い物程度の移動では、有料特急に乗ることは少ないですよね。


そんな時のために、「駅すぱーと」では無駄な乗換案内は出てこなくなるように、検索前に事前の設定をしておくことができます。


駅すぱーとで検索する場合に「新幹線」「有料特急」「飛行機」というところのチェックボックスでチェックをはずせば、新幹線や有料特急などの乗換案内が出てこなくなります。意外と簡単なことでしたね。


また、スピードを重視しすぎると、「駅すぱーと」では途中で快速の電車に乗り換えたりなどややこしい乗換案内が出ることも多いです。出発時間が迫っているのであれば一番早く目的地に着く方法を取ればいいでしょうが、ある程度出発時間に余裕があるなら、乗換回数の少ない順に表示させるといいですよね。


乗換案内検索のポイントについて書きましたが、「駅すぱあと」は上手に使えばとても便利なソフトです。

駅すぱあと無料・乗り換え案内カテゴリー項目一覧

駅すぱあと オンライン

駅すぱあとオンライン 路線バスの定期代や距離

駅すぱあと バス

駅すぱあと バス情報

駅すぱあと 乗り換え案内

駅スパート 乗換案内検索の便利機能 駅すぱあと 乗換案内検索の使い方

駅すぱあと 全国版

駅すぱあと全国版 Q&Aコーナー

駅すぱあと 無料

駅すぱあと無料版の路線検索システム 駅すぱあと・無料エキモ 駅すぱあと 無料版と有料版 駅すぱあと 無料でお得な機能

駅すぱあと 路線検索

駅すぱあとモバイル版の路線検索メニュー 駅スパートモバイル版 docomo&au 駅すぱあとオンラインの路線検索 駅すぱあと 携帯で路線検索 駅すぱあと 検索結果の印刷


駅すぱあと無料・乗り換え案内のおすすめ!

駅スパート 乗換案内検索の便利機能

駅スパートには乗換案内検索などで便利な機能がたくさんあります。例えば、目的地が複数入力できるので、そこに駅名をいくつか入れると出発地から入力した順に目的地を経由し、一番下の目的地に着く乗換案内結果が出る機能もあります。経由地が決まっている場合にとても便利ですよね。私はよく利用します。


また、ツールバーにある「入力経路履歴の表示」ボタンをクリックすると、以前乗換案内を検索した履歴がズラッと出てくるので、同じ路線を調べるのであればこの機能が便利です。


また、指定した駅から距離やかかる時間を指定して、その範囲に含まれる駅を全て表示する機能も駅すぱあとにはあります。


その他には、乗換案内以外にも指定した駅周辺の地図やお店などを調べることができたり、ランドマーク登録をして、会社や自宅から目的地までの経路を調べる機能もあります。


駅すぱあとの乗換案内検索の結果をメールで送ることもできます。探索結果を選んだら、ツールバーにある「メール送信」ボタンをクリックするとメールソフトが起動し、送りたい先に検索結果の内容が文字情報となって送信されます。


簡単な乗換案内ばかり使いがちですが、時間のある時にじっくりと駅すぱあとを使いこなしてみてください。もっと便利な使い方を発見できるかもしれませんよ。

駅すぱあとには無料版と有料版がありますが、全国のJR、私鉄、地下鉄、路面電車全線の時刻表や、路線案内・路線経路を検索できます。駅すぱあとの便利な機能や使い方、無料版と有料版との比較などの情報を提供しています。


駅すぱあと無料・乗り換え案内 Pick Up!

駅すぱあとは、通常はパソコンおよびインターネット版の使用ですが、モバイル版の駅すぱあともあってとても便利です。インターネット上でできることは携帯でもほとんどできるようになっていますので、駅すぱあとモバイル版の利用者が増えています。


基本的なメニューとしては、ダイヤ探索、経路探索、最寄駅から出発、終電探索、時刻表検索、定期券探索、出口・施設案内、地図検索、検索結果のメール送信機能、鉄道待受画像、耳よりばなし、12星座占い、個人ページ(よく使う駅・空港の登録など)、スカイマークエアラインズ サイトへのリンク(空席照会・座席予約が可能)などです。実にいろいろな検索ができるんですね!これは便利です。


ダイヤ探索、経路探索、終電探索、時刻表検索などはとても便利です。家での検索はインターネットからで、旅行先、出張先など、外出先からの剣先はモバイル版の駅すぱあとがとても便利ですね。


日本人は、ヤフー路線情報のように簡単に無料で検索できるシステムがあるのにもかかわらず、お金を払ってまで、時刻表や乗り継ぎ、料金などなどを調べるのですから本当に几帳面な国民性なのだと思います。それにしても駅すぱあとはかなり便利です。ビジネスマンにとっては手放せないものになっているのではないでしょうか。


ちなみに、駅すぱあとモバイルですが、ヤフーケータイのほか、iモード、EZweb、ウィルコム、Lモードにも対応しています。ぜひ、利用してみてください!

駅すぱあとは、ヴァル研究所が開発・販売しているソフトで人気があります。


全国のJRや私鉄の鉄道路線を中心に、目的地までの最短経路から運賃、乗換駅、乗り換え時間などを検索することができるうえ、駅名の入力だけで簡単に検索でき、乗換駅を指定して経路選択を行うこともできる優秀なソフトです。


駅すぱあとは鉄道や航空、あらゆる路線バスにも対応していますので、鉄道を使った場合やバスを使った場合など、最短経路や運賃や乗換駅、また乗換駅までも教えてくれます。


駅スパートは運賃に関しての機能も充実していて、最適2分割購入法や定期区間外の運賃計算、飛行機の場合は特定割引も考慮されるなど、大変高機能で便利なソフトです。また、アドレスナビという住所から最寄り駅を検索できる機能も便利です。駅すぱあとは道路情報やダイヤ改正など非常に変動しやすいジャンルの情報を扱うソフトだけあって、アップデートは偶数月、つまり2ヶ月ごと、年間6回更新されています。非常に便利なソフトなので、駅スパートが携帯やパソコンにプリインストールされていることもあります。


モバイル版駅スパートは、docomo、au、SoftBankでサービスを利用できます。いつでもどこでも経路探索ができるというのは、やはり便利です。駅すぱあとは携帯のコンテンツとしてピッタリのサービスですね。


駅すぱあとモバイル版はPC版駅すぱあとの機能と遜色なく、ダイヤ検索や経路探索、最寄り駅から出発、終電検索や定期券検索、出口と施設案内などまで案内してくれます。「こんな経路があったのか!」なんて新しい発見もできてとてもためになります。駅すぱあとは、他の地図ソフトやネットとの連携もできます。


特に駅すぱあとオンラインサービスは、例えば目的地の駅周辺の地図はもちろん、宿泊予約や天気予報、航空会社の座席予約、バス亭時刻表も駅スパートで確認できるので、とても便利です。オンラインサービスなら、月額315円で利用できますのでご一考下さい。

駅すぱあとオンラインがあれば正確な業務が約束されます。


何のこと?って思うかも知れませんが、ビジネスマンの定期代を調べる業務です。これって、経理の人にとっては意外と手間ですよね。間違いはないか、企業の中でお金の事に関しては間違いがあっては許されないから、とても慎重に調べます。


特に年度末や新入社員の入る時期などは様々な仕事でおおわらわになるのが経理ですよね。定期代の申請も業務のひとつだと思われます。


申請書に書いてある経路から定期代を算出するのが仕事ですが、面倒なのはバスの利用がある場合です。申請されたバス会社のホームページを見たり、電話で問い合わせたりと結構面倒なんですよね。私も経理だったので大変さがよくわかります。


社内規定でバスの利用距離を制限しているので、これまでは地図を頼りに申請者全員分の距離をはかっていたりしていました。


そこで、便利なソフトがあると知人に聞いて「駅すぱあとオンライン」を、ダウンロードしてみました。


早速使ってみたところ、鉄道のほか首都圏・京阪神を中心とした主要な路線バスの定期代、さらに距離までわかるのでとても便利でした。


「駅すぱあとオンライン」のおかげで正確に業務をこなせそうですね!皆さんも、使ってみませんか。

駅すぱあとには便利な乗換案内検索機能がこれでもかというぐらいたくさんついていますが、逆に機能が多過ぎて、たぶん使わないだろうなという検索結果まで出てくることがたまにあります。


無料で乗れる快速や特急であれば良いのですが、有料特急などが走っている路線だとそういった特急に乗っていく乗換案内までが表示されたりします。中には、到着地を特急で通過して、先の駅から普通電車で戻ってくるような乗換案内も出たりします。


この場合だと確かに一番早かったりもしますが、普段のビジネスやお買い物程度の移動では、有料特急に乗ることは少ないですよね。


そんな時のために、「駅すぱーと」では無駄な乗換案内は出てこなくなるように、検索前に事前の設定をしておくことができます。


駅すぱーとで検索する場合に「新幹線」「有料特急」「飛行機」というところのチェックボックスでチェックをはずせば、新幹線や有料特急などの乗換案内が出てこなくなります。意外と簡単なことでしたね。


また、スピードを重視しすぎると、「駅すぱーと」では途中で快速の電車に乗り換えたりなどややこしい乗換案内が出ることも多いです。出発時間が迫っているのであれば一番早く目的地に着く方法を取ればいいでしょうが、ある程度出発時間に余裕があるなら、乗換回数の少ない順に表示させるといいですよね。


乗換案内検索のポイントについて書きましたが、「駅すぱあと」は上手に使えばとても便利なソフトです。